Wonder-ful Days  SBIX-2040 \1,300(税込)
注文
 Artist  [木村至信 BAND]


Wonder-ful Days〜木村至信 BAND

 1.Wonder-ful Days 試聴
609KB/MP3
 2.ハナモモ 試聴
589KB/MP3
 3.アイなのだ 試聴
589KB/MP3
 4.Wonder-ful Days (instrumental)




ライブでも診察します!
本物の女医が愛することのジョイを歌う!
圧倒的な動員力とパワフルパフォーマンスの大人モンスターバンド
時代は関係ない、泣ける曲は泣ける。

絶対バンド指向の変わり者、ほとんどの作詞作曲を担当するボーカル木村 至信は、現役で診察をしている医者博士というバックボーンと、オペラ歌手である母親の影響が色濃い、戦う癒し系アーティスト。

2006年2月に発売したシングル<君だった>はビクターより流通。 タワーレコードインディーズチャート19位。新星堂インディーズチャート5位。3月沖縄タワーレコード インディーズチャート1位獲得。 このシングルはテレビ東京の<やりすぎコージー>のエンディングテーマ、チャクチャクエンタメのCMソングともなる。 カップリング曲<これで終わる>はエイベックス所属、幾多愛子に楽曲提供し、<OVER>という曲名でリリースされている(作詞、演奏も木村至信BANDが担当)。 この年、原宿アストロホールワンマン動員300名、リキッドルームのワンマンライブ動員400名。夏の全国ツアーは33本のべ動員数2000名を超えるものとなり、このCD売り上げ枚数は3500枚を超える。

2007年1月ワールドインディーズフェスティバルで人気投票全国4位、 テイチクにてオムニバスで<恋>がリリースされた。

満を持してのセルフプロデュースでのシングル<夕暮れレノン>は、タワーレコードJ-popチャート12位初登場、その後ベストセラーチャート40位代をキープし、発売2ヶ月にして1300枚の初回完売である。 リリースにあわせ、ワンマン3本を含む全国26カ所30公演を敢行。

現在テレビ番組のタイアップとして、2009年の4月よりBS朝日、 水曜日の22時より1時間の人気番組<結婚までの1週間>のエンディングテーマを1年間担当しており、視聴者からの問い合わせが殺到。今回緊急リリースとなった。